logo

来間の完熟マンゴー(アーウィン) 約800g(2~3玉)

価格: ¥10,800 (本体 ¥10,000)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

【Story】

沖縄本島からはるか南。
宮古島に属する小さな島「来間(くりま)」で育ちました。

自然豊かな島で、70件と民家も少ないことから、有機栽培には向いている環境にあります。

それでも、1年以上の長い期間に、ひとつも化学合成農薬を使わない、というのは至難の業。

生産者の砂川さんは、神話に基づいて、代々、来間のお祭りを務める家系。
島を何とか盛り上げようと20年前からマンゴー栽培に取組んできました。

贈答の箱や、梱包もとても丁寧で、本当に大切に育てているのが伝わります。

宮崎などの産地に比べると、着色が今一つ(宮崎は、長年の研究で、きちんと着色する技術が進んでいます)ですが、アーウィン種は、青い部分がなく、黄色になっていれば、きちんど熟しています。
その証拠に、宮崎のブランドマンゴー「太陽のたまご」の基準である糖度15度を優に超えています。

沖縄の暑い暑い太陽を浴びて育ったマンゴーをぜひこの機会にお試しください。


【保存方法】

熱帯原産のくだものですので、長時間、冷蔵庫で冷やすのは禁物ですが、1週間は大丈夫です。印象よりずっと日持ちするくだものです。
黒い斑点が出てきますが、バナナのシュガースポットと同様、甘みが強い時期です。中身はきれいなので、安心してお召し上がりください。
また、以下の写真のような黒い跡は、落果したマンゴーのツルから垂れた蜜の跡ですので、まったく問題ありません。
蜜の跡

【基本のお召し上がり方】

マンゴーカット方法1
マンゴーには向きがあり、平たい方向に、平たい種が入っています。
この種を避けるように3枚に包丁を入れます。

種の無い部分は、碁盤の目上に切れ目を入れます。


皮を下から押し上げ、お召し上がりください。

◎もちろん、普通に皮を剥いてお召し上がりいただけます。


【産地】

沖縄県


【生産者】

砂川さん


会員登録はこちら

お中元
りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ