北海道の内陸部の砂地で育った メロンR-113(赤肉)

価格: ¥3,240 (本体 ¥3,000) ¥6,156 (本体 ¥5,700)
数量:
規格価格在庫購入
1玉¥3,240(本体 ¥3,000)
2玉¥6,156(本体 ¥5,700)

返品についての詳細はこちら

【Story】

北海道の内陸部の砂地で育ちました。
メロンの原生地は砂漠のため、サラサラの砂地は栽培好適地です。
R-113というコードが聞きなれないのは、それぞれの産地ブランドで、それぞれの産地ブランドで、さまざまな品種をリレーして2カ月くらい提供するからで、富良野メロンやらいでんメロン、札幌レッドの1品種として栽培されています。

北海道の赤肉メロンで有名なのは夕張メロンですが、品種的(夕張キングと言います)には古く、何年もの間に、いくつもの優れた品種が生まれており、R-113もその一つです。
夕張メロンに比べ、糖度が高く日持ちも優れています(夕張メロンは追熟が早く、傷むのが早いです)。

生産者の佐藤さんは、ミツバチを交配に使いいくつか実をならせてから一番優れた玉を2つだけ選び、残りは間引きして育てるやり方をとります。
栄養が集中し当たり外れが少ないメロンに仕上がります。

水はけにも気を配り、ハウスの外側に溝を掘り、水が流れるようにしています。

届きたてでも美味しくお召し上がりいただけますが、追熟させるととろけるような舌触りになり、さらに美味しいです。
1~3日ほど常温におき、食べる3時間くらい前に冷蔵庫に入れて冷やして食べると美味しいです。


【保存方法】

常温で保管し、お尻の辺りがやわらかくなったら食べごろ。
状態によっては、2週間くらい日持ちするものもございます。


【基本のお召し上がり方】

木の上で完熟させても、果肉が固く、美味しくありません。
やわらかくなるまで追熟させます。
お尻の辺りを押して1mmくらいへこむくらいが食べごろです。


【産地】

北海道


【生産者】

佐藤さん


野菜定期便お試し

会員登録はこちら

りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日営業(午前)

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。
※2019年GWは、半日営業とさせていただきます。

ページトップへ