人気急上昇!長崎県産米 ヒノヒカリ

価格: ¥2,376 (本体 ¥2,200) ¥4,536 (本体 ¥4,200)
数量:
規格価格在庫購入
2kg白米¥2,376(本体 ¥2,200)
5kg白米¥4,536(本体 ¥4,200)
2kg玄米¥2,376(本体 ¥2,200)
5kg玄米¥4,536(本体 ¥4,200)

返品についての詳細はこちら

【Story】

長崎県の島原半島南部の棚田で育ちました。
大自然の中で、自然と共生し、化学合成された農薬および肥料は使用せずに育てています。

ヒノヒカリは、「コシヒカリ」と「黄金晴」を掛け合わせ、九州の宮崎で生まれた品種です。
関東ではあまりなじみがありませんが、西日本では栽培が盛んで、ご家庭にも浸透してきました。

栽培面積がここ10年で70倍に増え、現在ではコシヒカリ、ひとめぼれに続いて全国第三位の栽培面積を誇ります。

東北や関東平野に比べて山岳地も多く、田んぼが小規模な西日本中心の栽培で、この順位や数値は評価できる値と言えるでしょう。

晩生(11月に収穫)の米で、収穫期が遅いのですが、その分、甘みが豊かです。

コシヒカリと比べて粘りが劣り、小粒ですが、食感が良く、甘みがあり、白く光るような美しい炊き上がりに、高い評価を得ています。

「新米」を尊ぶ関東の消費地向けには早場米(はやばまい)といって、8月からコシヒカリも出荷しますが、生産している農家さんたちはそのコシヒカリは食べません。

その理由は
「ヒノヒカリの方が美味しいから」

九州で生まれた品種で、技術も上がっていることから、関東でもジワジワと人気を上げてきました。

その人気の秘密をぜひ確かめてみてください。

定期購入は、送料分が無償になります。

定期便のお申込みはこちら
毎月10日前後にお届け致します。
別途ご希望日がございましたら、ご指定くださいませ。
玄米精白米かお選びください。
毎月2か月に一回頻度もお選びいただけます。
便利でお得!>


【保存方法】

日の当たらない涼しいところに保管してください。


【基本の調理】

30分ほど水に浸してから炊いてください。


【産地】

長崎県


【生産者】


中村さん他


会員登録はこちら

りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日営業(午前)

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。
※2019年GWは、半日営業とさせていただきます。

ページトップへ