logo

やわらかく、ジューシー。 高原キャベツ

価格: ¥486 (本体 ¥450)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

【Story】

キャベツは冬と春の2回旬があると言われます。
冬は甘さが、春はやわらかさが特徴です。

とはいえ、ほかのアブラナ科植物と同じく、冬が本来の旬です。
そのため、夏は涼しい場所が適地。
長野県東御市(とうみし)は、関東にも近い上、標高が700~1100mになる高原で、朝晩の冷え込みがあります。

品種も長野県オリジナル品種「信州868」という中早生あるいは良質というキャベツ。
寒玉系のキャベツにやわらかさをプラスし、乾燥しがちな長野県の気候に合わせて作られた品種です。
夏のキャベツとは思えないくらい、やわらかで歯切れがよく、瑞々しく、甘みがあります。

生産者さんは若手農家で、地元愛が強く、意欲十分の小林さん。

「自分の子供にも食べさせるから」と長野県の慣行基準※の半分以下の農薬散布で安全性にも気を配っています。
畑


【保存方法】

芯をくりぬいた後、ぬれた紙をつめ、湿った新聞紙などにつつみ野菜室で保管。
一枚一枚葉を取れば、夏場でも2週間は大丈夫です。


【基本のお召し上がり方】

生でバリバリサラダにしても、ゆでてマヨネーズで食べても美味しい。


【産地】

長野県


【生産者】

小林さん

小林さん

※慣行基準
…各都道府県で調査し確定させた平均的な化学合成農薬の散布基準。
○○回と表現されることが多いですが、有効成分数で数えます。
一度の散布で複数の有効成分を混合する場合が多いため。
もしくは、複数成分を発売から混合された薬剤が多い。


会員登録はこちら

お中元
りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ