りょくけんトマトの代名詞。特選ファーストトマト

価格: ¥972 (本体 ¥900) ¥10,800 (本体 ¥10,000)
数量:
規格価格在庫購入
約 200g( 2~3玉)¥972(本体 ¥900)
約 800g¥3,564(本体 ¥3,300)
約 1.3 kg¥5,616(本体 ¥5,200)
約 2.6 kg¥10,800(本体 ¥10,000)

返品についての詳細はこちら

【Story】

元祖りょくけんトマト。
1970年代に、初めて世に送り出した高糖度トマトが、ファーストトマトでした。
ファーストトマトという品種が出るまでは、中のゼリー状の果肉部分がだれてしまい、サンドウィッチにははさめないのが常識でした。
果肉が厚く、ゼリー部分がだれないファーストは、画期的な品種で、当時、一世を風靡しました。
りょくけんでは、トマトの原生地であるアンデス高原の環境に似せるため、ハウス内で、できるだけ水も肥料も与えずに育てると、トマトの力、美味しさが引き出されると考え、そのトマト品種をファーストにしました。
ファーストトマトは果肉がしっかりして、ゼリー部分がだれない他、トマトらしい青臭さや酸味があり、栽培方法の工夫により上がった糖度で、きわめて味の濃い、美味しいトマトとして、世に送り出されました。
その後、桃太郎トマトの誕生で、栽培の難しいファーストトマトは、あまり栽培されなくなり、希少種になってしまいましたが、今でも、「やっぱりファーストでなきゃ。」と、その美味しさを求める方が多くいらっしゃいます。

糖度8度前後の「完熟」と、糖度9度前後の「特選」があります。
こちらは糖度9度のタイプです。
年間でごくわずか数パーセントしか収穫できない貴重品です。
時期によって、産地リレーし、長崎県、宮崎県と愛知県の中から、その時期に最も良いファーストトマトをお届けしています。



【保存方法】

袋などに入れて、野菜室で保管してください。
1週間くらい日持ちします。
保管しておくと、だんだんと酸味が抜けていきます。


【基本のお召し上がり方】

くし型にカットして、生でお召し上がりください。
やわらかくなったファーストは、加熱すると、さらに濃厚な風味になり、美味しいです。


【産地・生産者】

長崎県 木下さん/宮崎県 奈須さん(写真)/愛知県 小久保さん

奈須さん

会員登録はこちら

りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日営業(午前)

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。
※2019年GWは、半日営業とさせていただきます。

ページトップへ