黒ゴマたっぷり 樹上脱渋!紀ノ川柿

価格: ¥1,188 (本体 ¥1,100) ¥4,320 (本体 ¥4,000)
数量:
規格(重さ)価格在庫購入
約1kg(3玉前後)¥1,188(本体 ¥1,100)
約2.5kg(8玉前後)¥2,808(本体 ¥2,600)
約4kg(14玉前後)¥4,320(本体 ¥4,000)

返品についての詳細はこちら

【Story】

和歌山県の紀美野町で育ちました。
田辺湾から少し入った紀州山地の山間で育っています。

標高400m前後の赤土で、斜面のため、水はけが良く、日当たりも良いです。
昼と夜の気温差も大きく、柿の栽培には最適の場所です。

また、山からは海が臨めるほどで、潮風にのって絶えずミネラル分が補給されています。

代々の柿畑を継承した宇城さんは、もともとサラリーマンとして外で仕事をしていたため、とてもまじめできっちりとした仕事をされています。

一般的に渋柿は、収穫後に渋を抜きます。
アルコールをかけたり、最近では炭酸ガス(二酸化炭素)を部屋に充満させて、渋み成分であるタンニンを包み込み、人間の舌に感じさせないようにします。
この間、熟度が進んでしまい、日持ちが少し悪くなったり、食感が損なわれる欠点がありました。

宇城さんをはじめ、紀ノ川柿は、収穫後ではなく、木の上にならせたまま渋を抜きます。
ある一つの限られた期間に一斉に袋をかけて、脱渋剤(炭酸ガスの塊)を入れるのです。

宇城さんの畑は、全て山の斜面のため、とても厳しい作業ですが、毎年きっちり行っています。

こうすることで、熟度と渋抜きが同時に進み、食感と味、日持ちの全てが良くなります。

毎年10月20日頃から11月20日頃まで、約1ヶ月きっちり収穫、出荷します。
ひとつの秘密は、品種をリレーしていること。
前半は刀根早生(とねわせ)、後半を平核無(ひらたねなし)を紀ノ川柿に仕上げています。

黒ごま(=タンニンが包まれて目に見えるようになったもの)が果肉いっぱいに散らばり、まるで黒砂糖を食べているような甘く、美味しい柿。
ぜひ一度ご賞味ください。


【産地】

和歌山県


【生産者】

宇城さん


会員登録はこちら

りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日営業(午前)

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。
※2019年GWは、半日営業とさせていただきます。

ページトップへ