【産地直送】一株一果の贅沢スイカ

価格: ¥6,804 (本体 ¥6,300)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

2020年度4月13日ごろから開始。暖冬の影響で例年より15日早い出だしです!

【Story】

毎年、大人気の春のスイカです。
スイカ
■「春にスイカ?」と思われるかもしれません。
スイカの原生地は、カラハリ砂漠。
だから、気温は必要なのですが、カラカラに乾いた土地柄。
日本の夏は高温ですが、多湿すぎて、不向きなのです。
一番の大敵は雨。
夏に収穫期を迎える場合、その前にやってくる梅雨が、スイカの味を落としてしまいます。

だから、春から初夏にかけて、日当たりが強くなるころの、ビニールハウスで、雨をシャットアウトし、加温して育てたスイカが、美味しくなります。
スイカのハウス

■作るのは、内田さん。
訥々と物静かにお話しするのですが、内に情熱を秘めた農家さんです
内田さん
熊本の中でも施設栽培のメッカとも言われる場所で、そこかしこにビニールハウスが建ち、換気のために、農家さんたちが一斉にハウスを開けると、乱気流が起きて飛行機が安定して飛べない、とまで言われる地域です。

その中でも、ミネラル分が豊富で、決して肥沃でない赤土土壌で、じっくりと、内田さんは育てています。
また、ハウスの中には防草シートを敷き、草を抑えるとともに、ハウスの中にしみこむ水分を最小限に抑えています。

■しかも、一株一果。

一般的に、一株から3~4果のスイカを収穫しますが、内田さんの場合、ソフトボールくらいの大きさになったところ、最も良い実だけを残し、後は切ってしまいます。
スイカの実
こうして、栄養を集中させることで、スイカにありがちなばらつきを抑えるのです。

■収穫と熟度の管理も大切です。
スイカの収穫は、畑一枚を一度に収穫する、一斉収穫が一般的。
でも、そうすると、熟度がバラバラで、きちんと熟していないものまで収穫してしまいます。
そうなると、バラツキが出てしまうのも、致し方ないところ。
スイカの畑
内田さんの場合、スイカの実がなったときに、7色に色を分けた棒を果実のそばに目印として刺します。
”着果棒”と言って、いつ実がなったかを管理しているのです。
7色あるのは曜日ごとに管理しているため。
一週間以上離れた着果であれば、目視で確認できるからです。
一斉に収穫せず、この棒の色を目安に、一玉一玉を見極めながら収穫します。

水を制限し、栄養を集中させ、ひとつひとつの熟度を見極めて出荷するので、美味しいのです。

■そして、最後に、農家の目。

「りょくけんさんには特に良いものを出してますから。」
スイカ梱包2
外観が左右対称か?
中身に空洞がないか?(たたくと、音で分かるそうです)
すべてをチェックしたものが、お客様のもとに届きます。

2020年度から品種も「羅皇」「羅皇・ザ・スイート(5月~)」に変更し、さらに食味と食感が向上しています。

今期もぜひお楽しみください。

スイカ

【保存方法】

玉のままでしたら、1~2週間は大丈夫です。
カットした後も、ラップをして冷蔵庫に入れておくと、驚くほど日持ちします。
1週間は大丈夫です。


【基本のお召し上がり方】

よく冷やしてお召し上がりください。


【産地】

熊本県


【生産者】

内田さん



こちらの商品は代引き不可です。ご了承ください。

ご留意点
2020年度は4月13日頃から出荷開始となります。
それ以降は受注から1週間程度で産地から直送されます。
それ以上の時間がかかっておりましたら、大変お手数おかけいたしますが、ご連絡くださいませ。
フリーダイヤル 0120-014769(おいしーなりょくけん)
メール shop@ryokuken.co.jp

けっこう早く出荷してます。 お買い得セール 定期便ご案内 牛乳も

父の日特集 6/21(日)

在庫一掃ワケ有セール
会員登録はこちら
りょくけんだよりBlog

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日営業(10時~14時)

土日祝日は営業をお休みさせていただいております。

ページトップへ